自宅へ在籍確認の電話をしてくる消費者金融もある

消費者金融が行う在籍確認は、申込者が勤務している会社や派遣会社、バイト先に電話をかけて在籍確認をするのが一般的ですが、中には審査をより慎重に行うために、申込者の自宅に直接電話をかけてくることもあります。

 

例えば申込者が一人暮らしで、無人ATMを利用しての申し込みだったり直接店頭に出向いての申し込みだったりすると、当然家には誰もいないので電話に出る人もおらず在籍確認はすぐには取れません。

 

もちろん消費者金融でもそういうケースは十分に理解しているので電話に出る人がいないからといって問題にはならないのですが、結果として審査に余計な時間がかかることになってしまいかねません。

 

自宅に電話をかける在籍確認では、留守番電話が応答したとしても、そこに住んでいる確認が出来たとする消費者金融も多いので、自宅に固定電話があるならば留守番電話にセットしておくようにしましょう。

 

自宅に固定電話がない場合

 

では自宅に固定電話がない場合はどうなるのでしょうか。その場合、携帯電話を持っていればそちらに在籍確認の電話がかかってきます。携帯電話ならいつでもどこでも応対できますので固定電話の場合よりずっと在籍確認が取りやすくなります。

 

そして携帯電話に在籍確認の電話がかかってくることの方が多く、わざわざ固定電話にかける方が少なくなっています

 

自宅以外の場所でインターネットや携帯電話を利用して融資の申し込みをした際、在籍確認の電話がかかってくる時間を指定できるのであれば確実に自宅にいて電話を取れる時間を指定しておくことも大切です。

 

家族がいるのであれば、まえもって家族に事情を説明しておくようにすれば、電話がかかってきた時申込者が不在であっても在籍確認もスムーズに取れるでしょう。