自営業者の方に対する在籍確認は、どのように行われるのでしょうか。

会社員やパート勤務の方であれば、勤務先への電話一本で事足りる在籍確認ですが、自営業者の方の在籍確認は少し事情が異なります。

 

自営業者の方の場合は、在籍確認というよりも、実際にそこで仕事を行っているかどうか、事業を営んでいる事実があるかどうか、という確認になりますので、少し時間が余計にかかる場合が多いようです。

 

たとえば営業許可証を持って営業している飲食店や店舗を持っている事業に関しては、割合簡単に在籍確認が済むようですが、問題となってくるのは、自宅で仕事を行っている方です。

 

たとえばデザイナーの方やコンピュータープログラマーの方など、とくに店舗やオフィスを構えることなく、自宅で仕事を行っている方の場合、何をもって在籍確認を行うかというのが少々困難になります。

 

自営業の方の在籍確認は難しい

 

在籍確認とはご自分で申告している内容どおりに仕事を行っているかという確認ですが、ご自宅で作業を行っている方の話を裏付ける証拠はどこに見出せばよいのでしょうか。

 

このようにご自宅で一人で仕事をしている方の場合、最悪確認が取れなかったということで、審査ではねられてしまうこともあるようです。あるいは審査には通すものの、限度額を低く抑えた契約になることもあるといわれています。

 

他にはたとえば取引先の会社や担当者と連絡を取ることにより、これをもって在籍確認とすることもあるようです。

 

自宅で仕事をしている方で、取引先の会社との関係や実際に収入を伴う仕事を行っているということを証明できそうな場合には、取引先の担当者に対して、申し込み者に関する問い合わせを行うこともあります。

 

この場合は取引先として案内する会社の担当者に対して、事前にその旨伝えておかなければなりません。

 

また営業許可証や確定申告の控えなどの提示を求められることもよくあるようですので、自営業の方はこれらを用意しておく必要があります。

 

いずれにしても自営の方の場合には、雇用者として働いている方よりもやや面倒な確認作業が待っているということを頭に入れておく必要があります。