休職中の在籍確認で審査否決の可能性がある。

不慮の事故、病気、怪我など突然休職を余儀なくされることはそう珍しくありません。

 

ある日突然仕事する事ができなくなるわけですから健康だった時のように安定した収入が見込めなくなり、生活が窮する事もあるでしょう。こうなった場合、消費者金融を利用するなど手立てを尽くすにても、休職中に融資を受けるのは簡単な事ではないと言えるのではないでしょうか。

 

融資をする消費者金融としては、返済能力の有無が審査の内容に大きく関わってきます。副収入がある方だったり、配偶者が十分な収入を得ているといった場合は融資を受けられる可能性が残りますが、少なからずこれに該当しない場合もあるのです。

 

休職中に在籍確認を受ける場合

 

それでは、休職中に在籍確認を受ける場合についてです。休職中に「在籍確認の電話が来るかもしれないので、対応してください。」と職場に申し入れる事は非常に難しい事ではないでしょうか。

 

かと言って、申し出をせず在籍確認の電話が職場に入れば「現在休職中です。」もしくは「お答えできません。」と言った回答になるのことが多いのではないでしょうか。

 

さらには、「在籍しておりません。」と言う対応になることもありますので、そうなると審査を通過する事はほぼ見込めないでしょう。

 

休職中でもどうしてもお金が必要な場合はどうすればいい?

 

消費者金融から融資を受ける選択をするにしても、返済能力に問題なくなる復職後に消費者金融などを利用するのが一番無難な選択ですが、どうしても今すぐにお金が必要と言う場合もあります。

 

しかし会社は休職中です。在籍確認の事も含めて、どうすればいいのか悩んでいても答えは出ません。こういった場合、まずは消費者金融に電話で相談する事をお勧めします。

 

殆どの消費者金融ではよくわからないこと、こういった状況の場合在籍確認をどういった形で出来るのかなど確認しておく事でその後の在籍確認の電話にも対応しやすくなります。

 

不明な点は、しっかり確認する事で解決出来る可能性もあります。まずは、消費者金融に電話してみましょう。