職業別在籍確認特集

キャッシングを始めとして消費者金融を利用する時の在籍確認は法律で定められていることなので、この在籍確認が通らないことには審査が終わりません。迅速な対応を望むのであれば在籍確認のことはしっかりと頭に入れておく必要があります。

 

主婦のパートや学生のバイトという場合でも、当然、在籍確認が必要となります。しかし、消費者金融を利用していることを大部分の人は周りには知られたくないと思っていることでしょう。できることなら在籍確認の電話を自分で取りたいと思うのも仕方がありません。

 

しかし仕事場の電話を必ず自分で取れるとは限りませんし、自分で電話を取るのが難しいケースも珍しくはありません。仮にファミレスでバイトをしていた場合、在籍確認の電話に店長が対応をする可能性はかなり高いのではないでしょうか。

 

そう考えると、あらかじめ消費者金融から在籍確認の電話が来ることを伝えておいた方が、確かな対応をしてもらえると考えられます。

 

在籍確認の電話がくることについて可能な限り相談しておく

 

個人情報を守らなければならないということもあり、消費者金融は在籍確認の電話を金融機関からであるとわからないように個人名でかけるよう徹底しています。しかし逆にそのことが不信感につながるということもあり得るのです。

 

ファミレスの店長としてみれば「なぜアルバイト中に私用の電話がかかってくるのか?」と考えるのが普通です。「失礼ですがどのようなご関係でしょうか?」という話の流れになっても不思議はありません。

 

でも、消費者金融側としてはすべてを話すわけにもいかないので、話がこじれてしまう可能性も出てきます。どちらが悪いというわけでもないのですが、こうなってしまうと在籍確認をパスすることができません。可能な限り事前に相談しておくようにしましょう。