カードローンの返済期間はどのくらい?

カードローンの返済期間については一口には言えません。借入金額や返済方法などでそれぞれ変わってくるからです。

 

ただし、金利というものは借入期間が長ければ長いほど増えていくものなので、返済期間を短くすればより安く抑えられる、ということは言えるでしょう。借りたらすぐ返す、が金利を安く済ませる基本です。

 

返済期間内で変わるサービスや金利

 

また会社によっては、借入後1週間や1ヵ月内などと決められた期間内ならば、無利息になるというサービスもあります。この場合は借りた分だけ返済すればよいので、無駄なく借入ができるでしょう。ほかにも、一括で返済すればより金利が安く抑えられる、という場合もあります。

 

またリボ払いと呼ばれるリボルビング払いでは、毎月決められた額だけを返済していくという方法なので、借入額が少なければその分返済期間も短くなり、より金利を安く抑えることができます。

 

ただし、借入額が大きいわりに月々の返済額を少なく設定していると、元金部分の返済も少なくなりますので、返済期間も長くなり、その分だけ金利も多くなるということになってしまいます。

 

ただし、リボ払いには、残高に合わせて返済額も変わっていく、という残高スライド方式と呼ばれるものもあり、これを利用すれば返済期間も通常より短くなり、金利も安く抑えることができるでしょう。

 

返済期間内に遅れることはNG

 

金利と返済期間にはたがいに密接な関係があるので、そのことをよく理解してカードローンは利用してください。なお、約定日に遅れて返済するということだけは決してしないでください。

 

数日の延滞程度ならば、それが一度目であれば影響がなかったり、または延滞分を返済すれば再び利用できるようになる、ということも多いですが、あまり繰り返していると、完全に利用停止となってしまう可能性もあります。

 

期間内は、かならず約定日に返済するようにしましょう。