カードローンでの借り入れの返済に時効があるのは本当?

結論から先に申し上げますと、借り入れの返済には時効があります。

 

これは消費者金融会社に限らず銀行においても、カードローンにて借り入れを行った場合、時効は5年となっています。

 

借り入れ先が5年のあいだ、返済の催促などをせず放置している場合には返済義務が消滅してしまうということになります。

 

時効が成立する例

 

例えば、借り入れ先の消費者金融会社が事業の悪化などの理由で、部分的に業務を縮小や停止をしたとしましょう。

 

ATMは稼働していたので、返済はATMを利用して続けていたものの、そのATMも撤去されてしまい返済の方法が途絶えてしまったことから、返済を止めてしまいました。

 

借り入れ先の消費者金融会社からは特段連絡もなくそのまま5年が過ぎ、返済には時効があると聞いたので内容証明郵便を使って援用通知書を送付しました。

 

この援用通知書は借り入れ先の消費者金融会社からの承諾や回答なくしても、送付した時点で時効が成立した事になります。

 

しかしこのような事態になるのは非常に稀で、実際には倒産する前に借り入れ先の消費者金融会社から送金の依頼書などが送付されてくるはずです。

 

少しでも貸出残高がある顧客に対して、放置するというのはよほどのケースだと心得ておきましょう。

 

時効が成立しない場合もあり得る

 

それとは逆に、時効が成立しないという話はとても多くあります。

 

借り入れ先の消費者金融会社が支払いに応じない顧客に対し、内容証明を送った時点で時効成立に必要な5年経過の時間経過が停止されるのです。

 

例えば、4年11ヶ月のあいだ、消費者金融会社からの連絡が途絶えていたとしても、残りの一か月で内容証明が送付され裁判が起こされると、時効は停止となりそこから数か月過ぎても5年経過したとはならないのです。

 

この場合、給料の差し押さえや遅延損害金を含めた一括請求を出されたりします。このように5年の時効を利用して返済から逃れようと思っても、実際にはそれを実現するのはほぼ不可能と言えるでしょう。

 

借り入れを行ったら必ず返済しましょう。