カードローンの返済が苦しい!そんな時の正しい対処方法は?

カードローンで毎月返済を続けている方は、しっかり返済計画を練っていたつもりでも途中で苦しくなってしまうことがあるかもしれません。

 

人それぞれその原因は異なるわけですが、返済が苦しくなった時の対処方法についてもしっかり把握しておく必要があります。

 

もし急な事情で1回だけ返済が苦しいのであれば、返済日が来る前にまず担当者に連絡を取ることです。そして今月のみ返済が難しいということを伝えれば、延滞金はつくものの返済期日の変更にも応じてくれるはずですし、もっと楽な返済プランについてのアドバイスをしてくれることでしょう。

 

最悪なのは、ローン会社や銀行に支払えるあてのない日付を述べたり、連絡なしで延滞するようなことです。また、延滞していながら電話連絡が来ても無視してしまうというようなことも担当者の心証を最悪なものにしてしまいます。

 

返済の無視は信用をなくす

 

こうしたことは利用者の信用を確実に下げますし、一度カード利用停止の処分を受けてしまうとなかなか復活させられなくなることも想定できます。

 

しかも利用者自身が担当者からの電話連絡を無視し続ければ、いずれ保証人や勤務先などに順次連絡が行くことになりますので、そうなると社会的な信用は壊滅的になってしまいます。

 

信用をなくすことがいかに大変な問題かということを忘れず、どんな状況でも返済には責任を持つようにしましょう。

 

また、返済が苦しい状況が長期的に続きそうな場合、既に複数の借入先から融資を受けている状態ならば、おまとめローンなどで借入を一本化することをお考え下さい。

 

借入れの一本化の利用条件

 

利用条件については各金融会社や銀行で異なりますので事前の確認が必要ですが、現在の金利よりも低い金利のローンに組み替えることができれば、総返済額を減らし、さらに月々の返済負担を軽減することができます。

 

つまり、新たな融資を受けるためのローンではなく、返済のためだけのローンというわけです。新たな借入ができないローンならば返済途中でまた借入残高が増えるということもありませんし、金利が低くなる分、月々の利息が少なくて済むのも大きなメリットのはずです。

 

このように、返済が苦しいと感じた時は率直にローン会社の担当者に相談し、返済プランの見直しなどを行うことを強くおすすめします。