気になるカードローンの返済方法、どんな仕組みになっている?

カードローンの利用を検討している方々にとっては、カードローンの返済方法というのはどんな風になっているのか気になるのではないでしょうか。

 

基本的なパターンとしては、毎月決められた日、即ち約定日に一定の金額ずつ返済していくというもので、これを約定返済と呼びます。この約定返済は各種のローンだけでなくクレジットカードの支払いなどでも採用されています。

 

また、これとは逆のパターンでの返済方法が随時返済で、金銭的な余裕ができたタイミングで随時返済を行っていくというものです。しかしながら、この方法をメインに採用してしまうと貸金業者は経営困難に陥ってしまいますから、あくまでもローン返済の基本は約定返済なのです。

 

この約定日については、通常ならば予め金融会社側が設定しているものなのですが、カードローンにおける返済は最初の契約時に、利用者側のほうで都合のよい日を設定できるケースも見受けられます。

 

さらには返済周期についても35日周期などのように、利用者の状況に即して周期パターンを決められるカードローンもあったりします。

 

スムーズな返済をするには

 

もっとも、スムーズに借入残高を減らしていきたいのであれば約定日ごとの返済だけではあまりはかどらないのが実情ですので、金銭的余裕ができた時には随時返済の一種である繰上げ返済を組み合わせるようにすると大変有効です。

 

完済までの利息を減らし、期間も短縮できますから、ぜひ取り入れましょう。また、基本的にリボ払いとなっているカードローンならば、約定返済と随時返済を組み合わせることが可能と考えて間違いありません。

 

随時返済を組み合わせることで利息だけでなく元本もスムーズに減らすことができれば、残りの元本を一括で返済することも可能になってくることでしょう。

 

カードローンの返済における疑問

 

さらにカードローンの返済における疑問としては、千円未満の小銭の部分はどうすれば払えるのかが分からない、というものが挙げられます。

 

実際のところ、返済方法を口座振替に指定している方は千円未満の部分も過不足なく引き落とされるのですが、ATMでの返済は硬貨の入金や返金に対応しているATMを探す必要があります。

 

もし対応していないATMならば多めに支払う必要性も出てきます。ローン会社によっては端数金額については支払期限を特に定めず、次回借入時などの際に清算、となっていることもあります。

 

いずれにせよ、完済まで計画的に返済を行うことが重要です。