カードローンで返済期日に返済する事が出来ない場合はどうなる?

カードローンを利用していて返済期日にどうしても返済が出来ない場合はどのような対処をするべきばのでしょうか。

 

たまに無視をしてしまう方も少なくはないと思います。

 

万が一、返済期日に返済する事が出来ない場合は出来るだけ早くカードローン会社の担当の方に電話連絡をして、返済が遅れてしまう旨を伝える事が大切になります。

 

前もって返済が遅れてしまう事を伝える事でカードローン会社からの返済の催促の連絡が来る事がなくなります。事前に連絡する事で何も言わずに延滞するよりは悪い印象を持たれる事がなくなります。

 

しかし、事前連絡をしたからといって延滞したという記録はなくなりません。

 

カードローンの返済が延滞してるとどうなる?

 

カードローンの返済を延滞している場合は、返済が出来るまでの間カードローンからお金を引き出しをする事は出来ません。返済する事が出来れば、また利用する事が出来るようになります。出来るだけ早く返済するようにしましょう。

 

返済の支払いにどうしても日数や時間がかかる場合はいつまでに返済をする事が出来れば、いつまた利用する事が出来るようになるのか確認をしておく事をオススメします。

 

返済の支払いが1日でも遅れてしまうと3ヶ月程度利用する事が出来なくなるります。

 

消費者金融系の場合は連絡して期日の変更ができる場合もある

 

利用しているカードローン会社が銀行系ではなく、消費者金融系の場合は事前に連絡しておく事で返済の支払い日を変更してもらう事が出来るなど柔軟な対応をしてもらえる場合があります。

 

返済期日を無視して放置しておくと返済の催促のプレッシャーが強くなるのでそうなる前に出来るだけ早く事前に連絡をしてなるべく早く支払いをする事が1番の解決法となっています。

 

ドラマや漫画などで返済期日に支払いをすることが出来ない場合は怖い人が家や仕事場に押しかけてくるというイメージがありますが、金融業法でキチンと制限されているのでそのような事はありません。

 

しかし、借り入れを利用した場合は延滞や滞納をする事なくキチンとした利用の仕方をする事が1番です。