カードローン、申込時にウソをつくと損です!

カードローンの申込において、絶対に“嘘”をついてはいけません。

 

当たり前のことなのですが、残念ながら、カードローンの申込時に嘘をつく人は少なくないのです。

 

そもそもカードローンを利用するためには、審査を受けて、それに通らなくてはなりません。借入可能な金額も、年収などによって左右されます。ですから、ついつい「審査に通りやすくなるように」「少しでも限度額が増えるように」などの期待を込め、実際よりも年収を水増しして申告するといった嘘をついてしまう人が多いようです。

 

特に消費者金融系で借入をする場合は、借入可能な金額は年収の3分の1までと決まっていますから、年収を多めに言うことで、少しでも利用限度額を引上げたいという気持ちになってしまうのでしょう。

 

また、(年収の他にも)現在の借入状況に関して嘘の申告をする人が多いようです。新規にカードローンの申込をする際には、他社からの借入状況について申告する義務があるのですが、当然ながら他社からの借入が多いほど審査には通りにくくなるため、現在の借入残高を少なく記入するなど、実際と異なる嘘の申告をする人が、困ったことに後を絶たないのが現実。

 

しかし、カードローンの審査において、嘘は通用しません。特に借入状況に関しては、嘘をつくことはできません!というのも、すべての借入履歴は、信用情報機関に記録として残されているためです。

 

カードローン審査では、金融機関(カードローン会社)が、信用情報機関の情報と、あなたの申告内容を照し合せて確認しますから、いくら(嘘をついて)状況を実際より良く見せようとしたところで、すぐにそれは嘘だとバレてしまうのです。

 

言うまでもなく、嘘がバレれば、審査に通ることはありません。

 

それだけでなく、信用情報機関に「虚偽の申告をした要注意人物」として記録されてしまう危険さえあるのです。信用情報機関のブラックリストに載ってしまえば、(信用情報機関の情報は共有されていますから)どの金融機関に行っても警戒されてしまうことになり、融資を受けることは非常に困難になるでしょう。

 

ですから、くれぐれもカードローンの申込時に嘘はつかないようにして下さい。