6ヶ月残る申し込み履歴…カードローンが借りられない?

信用情報機関に残っているカードローンの申し込み履歴、その期限はいつまでかご存知ですか?一度でもご自身の情報をチェックされたことのある方ならご存知のとおり、この履歴は最近の6か月分が残っているのです。

 

他にもクレジットカードの申し込み履歴や利用金額まで詳細な情報が履歴として残されています。カードローンに申し込みをしたけれど審査が通らなかった、そんな時でも信用情報機関には「カードローンを申し込んだ」ということが履歴として記録されてしまいます。

 

申し込み履歴が多いと、浪費癖や資金繰りに困っているなど経済的に重要な問題を抱えているのではないかと判断されやすくなります。履歴の残る6ヶ月間に何度も申し込みをしていれば当然のことですね。6ヶ月のうち最初の月と最後の月だけ申し込みがあったというならば、この履歴が私たちにとって不利になったり、良くない影響をあたえることはほとんどありません。

 

けれど例えば一週間もあけずに新しいカードローン会社に申し込みをしているような記録が残っていれば…この人はお金に困っていて返済ができないのではないか?とローン会社が不信に思うのは仕方のないことです。

 

どうしても新しいカードローンを申し込まなければならないとき、すぐにカードローンを発行して欲しいとき、そんなときは現在持っているカードローンの利用限度額を増額を検討してみるのはいかがでしょうか?契約時のままの利用限度額になっている人は意外と多いものです。

 

カードローンを正しく使用し、借りる金額を調整して返済も滞っていなければ限度額の増額はそんなに難しいことではないのです。詳しいことを知りたい方は気軽に電話をして情報を得てみてください。