カードローンの申請の前に,仮審査のススメ

カードローンを利用申請をすると,その手続きの途中で必ず“審査”を受けます。この審査にパスすれば,カードローンを利用できるようになります。しかし,誰もがこの審査にパスできるわけではありません。

 

〈A社のカードローンがダメでも,B社のカードローンなら大丈夫かな…〉と思い,新たに別のカードローン会社へ申請を行う人もいるようです。その考えは理解できますし,その行為自体も悪いことではありません。けれどもカードローンの審査のことを考えると,実は心象を悪くする行為です。

 

カードローン会社は,信用情報機関という所を介してお互いに情報を共有しています。カードローンの申請をすると,信用情報機関に「いついつ,どこでカードローンの申請をした」という履歴が残ります。カードローンの審査内容には,信用情報機関にある情報を元にした項目もあります。例えば,過去にカードローンでトラブルを起こしていないかとか,他にもカードローンを利用しているのかとか,同じタイミングで複数のカードローン会社に申請をしていないか…などです。

 

同じタイミングで複数のカードローンに申請をしていることがわかると,カードローン会社は慎重になります。〈ちょっと怪しいのではないか…〉と思ったり,〈いくつかの会社からお金を借りなければならないほど困っているのか…〉と判断されたりします。これらの悪い印象は,融資を断られるという事態を招くことになるでしょう。

 

カードローンの審査に通るどうか不安な人は,仮審査を受けることをお勧めします。仮審査は,利用申請をしたときに行われる審査とは違うものです。なので,信用情報機関に記録が残ることはありません。基本的なデータを元に,融資を受けられるか受けられないかを判断する審査です。

 

多くのカードローン会社が,仮審査を受けられるように対応しています。仮審査を受ければ,一度に複数のカードローン会社に利用申請をしないで済みます。いくつか考えているカードローン会社の仮審査を全て受けても問題ありません。

 

仮審査は,カードローン会社のホームページ内に専用フォームが用意されています。手順に従って必要なデータを入れるだけでOKです。結果もすぐに出るので,試してみてはいかがでしょうか。