借り入れ申し込みのキャンセルの方法とは?

借り入れの申し込みを行い審査が通った連絡がきたら、次は実際の借り入れを行うために契約書や本人確認の書類の送付などの手続きに入ります。

 

また近年では、郵送ではなくインターネットからの申し込みで全てを完結できるようにもなっているので、より気軽にカードローンを利用する事が出来るようになっています。しかし一方で、審査も通過して契約という段階になって借り入れの申し込みをキャンセルしたいというケースもあります。

 

意外に思われるかもしれませんが、実はこういったケースは案外多いものなのです。

 

多くのカードローン会社の場合、返送されるべき書類などが送られてこない時点で、申し込みは自動キャンセルとなる旨を記載しています。なので、放っておけばキャンセルになるのでそのようにしている方もいらっしゃるかもしれません。しかし出来れば、電話を掛けてオペレーターや担当者に、申し込みのキャンセルを伝えるのがよいと思います。

 

放置したままで自動キャンセルになったからといって、その時点では特に何があるわけではありません。ですが、信用情報機関には申し込みをした時点で個人情報は勿論の事、ローンカードの発行の有無までがしっかりと記録として残ります。

 

ローンカードの発行が無いというのはすなわち、最終的な契約には至らなかったというわけなのですが、理由が詳しく掲載されていない場合ですと、次にまた新しく借り入れの申し込みをした時、カードローン会社によっては「またキャンセルする恐れがあるかもしれない」と不安や疑問を持ってしまわれる可能性があります。

 

このような事を避けるためにも、明白なキャンセル理由を告げる事は後の心証をよくするという意味でも、とても大切と言えるでしょう。