カードローンの申し込みにもブラックはある

信用情報機関はクレジットカード、カードローン、キャッシングなどの情報を扱っており、その情報の中にブラックリストも登録されています。ブラックリストに登録されてしまうとカードローン会社に申し込みをしたとしても審査に通貨出来なくなってしまいます。ブラックリストの中には申し込みブラックという情報も記録されています。

 

申し込みブラックというのは複数のカードローン会社に一度に申し込みをしている人の事になります。カードローンの申し込みをする時に審査に通過する事が出来るか不安になってしまい1社だけではなく、複数のカードローン会社に申し込みをしてしまうと高い確率で申し込みブラックとして認定されてしまいます。

 

信用情報機関に登録されている情報は最低でも6ヶ月間は履歴が残ってしまうと言われているので、6ヶ月の間に複数のカードローン会社に申し込みをしてしまうと申し込みブラックとして登録されてしまう危険が高くなってしまう事があるという事を忘れないようにしておく事が大切になります。

 

ブラックに認定、登録される理由には今までの利用実績が関係してくる事もあります。過去にカードローン会社を利用していた時に返済の支払いを延滞や滞納してしまうような返済トラブルがあったり返済する事が出来なかった場合はその情報が履歴として残る事でブラックとして認定されて申し込みをしても審査を受ける事が出来なくなってしまいます。

 

少し前までは申し込みブラックであっても審査を受ける事が出来るカードローン会社はありましたが、今ではブラックとして登録している方を警戒する傾向が高くなっています。万が一、申し込みブラックになってしまった場合は最低でも6ヶ月空けてから申し込みをする事をオススメします。また、審査の履歴が残らない仮審査を受ける事が出来るので審査を通過する事が出来るか不安な方はこちらを利用するといいでしょう。