「アイフル」なら申し込んだその日に振り込み融資ok!

有名な会社は安心感が違う

 

大手で実績が十分な「アイフル」のキャッシングは、インターネットから申し込みができるだけでなく、契約や即日の振り込み融資までウェブ上で完了させることができます。ただし当日の振り込み融資は、銀行の営業時間の関係で、平日の午後2時10分が依頼のリミットとなっているので、その点には注意しましょう。

 

収入のない専業主婦の方は申し込みができませんが、パート等で定期的な収入を得ている兼業主婦の方なら申し込みができます。ネットから依頼して、振り込みでキャッシングするほか、カードを利用して提携銀行やコンビニエンスストアのATMを使ってもキャッシングできます。

 

急いでいる時でも頼れるアイフルの審査時間は30分から融資金額も下は1000円、上は500万円と幅が広く、自分にあった使い方できるキャッシングといえます。

 

アイフルのキャッシングに申し込んだ場合の流れ

 

申し込み条件

 

・規定年齢内であること(20才から69才が対象)
・安定した継続的な収入があること
・学生でもokだが、専業主婦はNG

 

「無駄足を踏みたくない」という方は、アイフルのサイトに用意されている「1病診断」を利用してみましょう。最低限の個人情報を入力することで、審査可能かどうかを自動では判断してくれます。自動審査に受かったからといって本審査にも通るとは限りませんが、申し込み条件に合致しているかを確認する目安にはなります。

 

ちなみに審査の方法や基準は、申し込み方法によって変わることはないので安心してください。忙しい方や急いでいる方はインターネットでの申し込みがやはり1番便利かと思います。すぐにカードが受け取りたいという時には、ネットで申し込みを済ませ、そのあと店舗へいってカードを受け取るとスムーズです。

 

選べる申し込み方法

 

インターネット以外の方法も好みで選択できる

 

インターネットで申し込みをし、契約まで済ませてしまう方法だけでなく、お店で契約、書類を郵送して契約と、方法は好きなものを選べます。よく手順がわからないという時には、フリーダイヤルの相談窓口を利用するのがおすすめ。また、契約には本人確認書類が必要なので、事前に用意しておきましょう。

実際に融資を受けるための契約はどうやって行う?
ネットでも契約完了できる

PCだけでなく、スマホや携帯からでも契約できるので、ちょっとした空き時間を使って申し込めます。

カードがすぐに欲しい場合は店舗へ

店舗が近くにあるということなら、来店での契約も便利です。ただし、一から店舗で契約すると、審査をしている間待っていなければならなくなるので、店舗で契約する場合でも、審査申し込みはネットから済ませておくことをおすすめします。

郵送の場合は時間に余裕を持って

郵送での契約は、他の方法に比べて時間がかかるので、余裕をもって申し込んでおきましょう。カードが手元にない間でも、キャッシングは「振り込み融資」という方法を使って利用することができます。即日の振り込み融資は銀行の営業時間内というリミットがあるので「平日の午前中」を目安に申し込みを済ませておくと安心です。

 

店舗に行った時以外は、カードはあとから自宅へ郵送されます。カードがあれば、提携のATMからキャッシングができるだけでなく、ATMを使った返済もok。歴史ある消費者金融というだけでなく、時代に即した利便性も持ち合わせているところが、アイフルの魅力といえるでしょう。