アルバイトや派遣社員、会社員、それぞれの審査

アイフルの申し込みフォームに記入する雇用形態の種類は、「正社員」「派遣社員」「出向社員」「契約社員」「パート」「アルバイト」「社長」「代表者」「嘱託社員」「機関社員」「臨時社員」があり、この中から自分が属する項目を選びます。

 

アイフルでお金を借りる際の、アルバイトに対する審査

アイフルでは、ちょっと年収が低い場合でも、定期的な収入があれば返済能力があると見なされ、申し込むことができます。なので、アルバイトやパートでも利用することが可能です。最近は、正社員よりも給料が高いアルバイトなども多くなってきていますので、柔軟な対応といえるでしょう。

 

さらに、実家住まいなど、家賃がかからない場合などは審査にいい影響を与えます。

 

要求する借り入れ金額や、他社からの借り入れ状況などにもよるので一概には言えませんが、年収が100万程度の兼業主婦、年収50万円くらいのフリーターの方などでも、審査に通っているケースもあります。

 

複数のアルバイトを掛け持ちしている方は、きちんと収入を合算してアイフルに申し込んでください。

 

アイフルの、派遣社員に対する審査

派遣社員の場合、安定した収入があれば審査に通った上で利用することができます。派遣先の会社勤務が、長ければ長いほど審査は通りやすくなります。それに加えて、重視されているのが「社会保険の加入」です。それらを満たした上で、よほど無理な金額を要求しなければ審査に通る可能性はかなり高くなるでしょう。それでも申し込むことに不安や心配がある方は、アイフルのホームページで1秒診断を受けてみることをおすすめします。

 

アイフルの、会社員に対する審査

会社員の場合は評価が高く、かなり審査に通りやすくなります。ただし、他社からの借り入れが多いとせっかくの評価に水を差すことになるので注意してください。アイフルの場合は、他社からの借り入れは1件から3件までが審査通過の対象になっています。

 

アイフルの、職業や職種による審査

 

正社員、派遣社員、出向社員、契約社員、パート、アルバイト、社長、代表者、嘱託社員、機関社員、臨時社員という分別に関係なく、すべての前提となる審査ポイントをいくつか挙げてみます。

 

・自分の収入に合った金額を申し込む
・個人情報を隠さず教える
・事前にアイフルのホームページで「1秒診断」を受けておく

 

アイフルに申し込む方法はいくつかありますが、一番お手軽なのはインターネットでの申し込みでしょう。店舗や電話だと待っている間の振る舞いに困りますが、インターネットでの申し込みだとそれもありません。審査時間は最短で30分くらいになるようです。